税金の種類はどんなものがあるか知っていますか?消費税がすぐに思いつくと思います。そのほかには何があるかは
税金を払っていないと知らないのではないでしょうか。ここでは税金の種類を分類に分けて紹介しています。知らない
税金もきっといろいろあると思います。

税金には3つの分類方法があります。

1、納める場所での分類

国税 国の収入になるお金のことです。 
 地方税 住んでいる地方自治体の収入になる税金のことです。地方税は道府県税市町村税があります。 

 

2、納める方法での分類

 直接税 税金を納める人と負担する人が同じ税金です。   
 間接税 税金を納める人と負担する人がの税金です。


3、使い道での分類

 普通税  使い道が決まっていない税金です。
目的税   使い道が決まっている税金です。


そしてもうひとつ種類があります。

 道府県法定外普通税 地方公共団体が作った普通税のことです。 
 道府県法定外目的税 地方公共団体が作った目的税のことです。 


税金の種類は約50種類あります。